読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NeverBlog::Likk::Unexistable;

見なかったことにして下さい

リスペクトに敬意を感じない

別に横文字批判ではないんだけど。
最近「相手をリスペクトすること」とか「リスペクトしています」というのを聞くようになったが、どうにもコレに敬意を感じない。

慣れの問題なんだろうけど、「リスペクトする」という言葉を聞くと自分の脳内では

リスペクト      名詞,サ変接
する    動詞,自立,サ変・スル,基本形
↓
リスペクト⇒尊敬
↓
尊敬    名詞,サ変接続
する    動詞,自立,サ変・スル,基本形,

のような脳内変換が行われている。
要するに翻訳作業が一旦入り、通常の会話よりもリアクションがコンマ何秒か送れてしまう。
ボケとして発言されると時差ツッコミみになり結構致命的。

普通に日本語で「尊敬してます」の方よっぽどしっくり伝わし、聞いていて、あぁ…本当にその人を尊敬してるんだなぁ…と思う。

まぁ、今んところ真面目な会話の場所でそんな単語聞かないんで(大抵酒入ってる時か、オフの初対面とか、ネタとか釣りとか)、別にどうでも良いちゃ、いいんだけど。

#ワシが誰かから「リスペクト」されるような存在じゃない事は重々承知。