読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NeverBlog::Likk::Unexistable;

見なかったことにして下さい

YAPC::Asia 2015 でLTしてきた

一日目のライトニングトークにて『YAPC?雨事情』というタイトルで発表させていただきました。
スライド中で紹介したライブラリは以下です。git log たどると実は2012年ぐらいからありましたgithub.com

YAPC初LTでしたし、1000人超の前で話すことも初めてでしたので、めちゃめちゃ緊張しましたが結果的よかったと思います。



YPACには2007年から参加してましたが、毎年視聴者側で今年もLTで出る予定はありませんでした。基本的に引っ込み思案なのです。
開催一週前にたまたまGaiaXさんとモバイルファクトリー合同勉強会があり、
そこでLTする機会があったので、大体同じ内容で発表し、その勢いで応募しました。
五反田界隈のみなさまありがとうございました。


実際のLTの最中は緊張していて反応が良く分からなかったですが、
twitterや懇親会で質問や、コメントや、ツッコミを頂いたりしました。
案ずるより産むが易しのことわざ通り、一旦発表してしまうと、あと5年早くやっておけばと過去の自分を責め続けます。
来年も何らかあるのであれば、何かしらトークできるといいかなと思います。



以下、頂いた質問やツッコミに対する回答。

Q: ametto とLTとの関係。
A. 誤解を与えないよう、LT中でもお伝えしたつもりですが、アプリ ametto の機能には今回のLTで発表した内容に関わることは一切含まれてま
せん。ただのCMです。

Q: 雨通知アプリ(ammeto)があるならその機能使えばいいのでは
A: 通知基準が違います。ametto は「"降水確率"という同じ気象条件下なら統計学的にどれぐらい雨が降る確率があるか、それが一定値以上なら通知する」というにアプローチ対して、雨雲通知botは「気象レーダを使い雨雲が現在どこにあるか地図上に表示する画像を解析し、特定地点の色が晴天時と差異があれば通知する」というアプローチです。今日の品川区の降水確率が100%だからといって、今現在五反田駅周辺で降ってるとは限らないということです(どっちにしろ、傘持って出る必要はありますが)。ついでに言うと雨雲通知botのほうが歴史が古いです。

Q: 残り時間がGame Overだ
A: リロード忘れました。というか回線が不安定でリロードする勇気がありませんでした。スライドはローカルにおいておくべきでした。

オチ